横浜の会社設立サポートデスクは
税理士法人小林会計事務所が運営しております

横浜の会社設立サポートデスク

お問い合わせ

0120-458-025

アクセス外国人の方はこちら

決算公告方法を決定する

Web申込特典

お申し込み時に「ホームページを見た」とお伝えください。下記のお得な特典が適用されます。

  • 特典1
  • 特典2
  • 特典3

※Web申込特典は、当ホームページよりお問い合わせいただき、顧問契約を結んでいただいた方が対象となります。
※特典3は、顧問契約開始月より6カ月以内にご利用いただいた場合に適用されます。 ※表示価格はすべて税抜となります。

お申込み・お問い合わせはこちら

STEP2.会社の大枠を固める

決算公告方法を決定する

「決算公告」は費用はかかるけれど法人の義務
守らないと罰則もあるので要注意

「官報」「新聞」「ウェブサイト」――手間・費用・効果を考え併せ、会社に合ったやり方を

会社は決算期ごとに「財務諸表」を作成します。このうち「貸借対照表」またはその要旨を公表しなければなりません。これを決算公告といいます。決算公告は株式会社の取引の安全性を保つため重要なもので、これを怠ると100万円以下の罰金が科せられます。

公告の方法には「官報」「日刊新聞紙」「電子公告」の3種類あります。会社の設立時に選択し、どの方法をとるかを定款に記載するとよいでしょう。定款に定めない場合は、官報に公告をすることになります。

公告方法 概要 費用
官報に記載 官報は、独立行政法人国立印刷局が発行する国の刊行物で、休日を除き毎日発行されている 約6万円前後
日刊新聞紙に記載 日本経済新聞、朝日新聞、讀賣新聞、毎日新聞などの全国紙をはじめ中日新聞、西日本新聞などのブロック紙、河北新報、京都新聞などの県紙でもよい。スポーツ新聞や特定の業界紙は認められない。 約70万円前後
電子公告(ウェブサイトに記載) *貸借対照表は要旨でなく全体を掲載
*掲載は5年間
*登記時に掲載ページURLを記載する
*無償・パスワードなしで閲覧できるようにする
*他社のサイトでもかまわないが自社サイトのトップページから当該ページにリンクする
自社のウェブサイトを使用する場合、特別な費用はかからない