横浜の会社設立サポートデスクは
税理士法人小林会計事務所が運営しております

横浜の会社設立サポートデスク

お問い合わせ

0120-458-025

アクセス外国人の方はこちら

バックオフィス支援

サービス内容

Web申込特典

お申し込み時に「ホームページを見た」とお伝えください。下記のお得な特典が適用されます。

  • 特典1
  • 特典2
  • 特典3

※Web申込特典は、当ホームページよりお問い合わせいただき、顧問契約を結んでいただいた方が対象となります。
※特典3は、顧問契約開始月より6カ月以内にご利用いただいた場合に適用されます。 ※表示価格はすべて税抜となります。

お申込み・お問い合わせはこちら

会計ソフト

当社ではパソコン会計の導入・インターネット会計の導入を推進しています。
インストール、初期設定、入力指導、自計化・・・、どんなことでも御相談下さい。

専属SEが在籍しております

当事務所では新規ご契約のお客様に、御社内PCへの会計ソフトのインストール/勘定科目の設定/ソフト操作のご説明を導入時にサポートさせていただいております。

あんしんの初期導入時のサポートサービス

税理士法人小林会計事務所では、初期導入時、またはご契約中に発生したお客様の困ったことを丁寧にサポートさせていただいております。
パソコンの設定など、細かなご質問もお気軽にご相談ください。

各種会計ソフトの導入から乗り換えもサポート

パソコンを使った経理処理には様々なメリットがあります。手書きの帳簿や伝票作成の手間を省き、経理にかける時間と手間は半分以上削減できる。また、入力したデータをエクセル等で加工できる。何より、試算表がタイムリーに作成することができます。
パソコン会計やインターネット会計をご利用の方、また、ご利用を考えている方、私どもがしっかりサポートいたします。

適正なソフト選び、パソコンへのインストール、ソフトの初期設定などなど…、もちろん当事務所のアドバイザーが初期指導もしっかり対応いたしますので短期間で作業が軌道に乗るため安心して導入できます。

おすすめソフト:Freee

freeeは バックオフィスを効率化する「クラウドERP(Enterprise Resource Planning)」です。
財務会計・給与計算をコアとして進化させながら、既存のパッケージ製品では実現できないクラウドならではの方法で、中堅・中小法人の業務効率化を加速させていきます。

  • 自動仕訳による帳簿作成。

  • 請求書作成から資金繰りの分析、経営レポートまでオールインワン。

  • プラットフォームを選ばず、セキュリティも安心。

  • 充実のサポート。

おすすめソフト:MFクラウド会計・確定申告

「MFクラウド会計・確定申告」は提供開始からわずか2年で47万ユーザーに利用されている全自動型クラウド会計ソフトです。
事前に登録した銀行やクレジットカードの取引明細を自動的に取得して仕訳するため、帳簿記入・確認業務に費やす時間を80%<※>削減するとともに、リアルタイムに経営状況を把握できます。
※マネーフォワード調べ

  • 自動化機能により、日々の経理業務負荷を大幅に軽減。

  • クラウドであるため、いつでも、どこでも利用可能。

  • 機能追加や法令改正によるアップデートを全て無料で週2回定期的に実施。

  • 自動バックアップ機能により万が一のケースも安心。

補助金・助成金

中小企業の皆様向けに様々な「補助金(経済産業省)」「助成金(厚生労働省)」があり、助成金も補助金も返済が不要です。
つまり貰えるわけです。
厚生労働省・経済産業省で実施しているものがほとんどですが、中には都道府県や市区町村・民間で行っているケースもありますので、国や地方自治体の中小企業向けの支援情報を入手し、上手に活用していきましょう。

「補助金・助成金」とは返済が不要な、国・地方自治体・民間の支援制度です。
ところがこの「補助金・助成金」は一般に宣伝しているわけではないので殆どの経営者が知りません。
あるいは「助成金・補助金」というキーワードは耳にしているかもしれませんが内容が分からないゆえに貰い損ねているケースもあります。

現実には受給要件が厳しいものがほとんどですが、比較的受給要件ハードルが低い助成金もありますので、新規創業や新しい事業を始める場合にはそちらの助成金をお勧めしています。

国の予算で計上されるため、対象事業者や職種、募集のタイミングは年度ごとに異なります。
また、さまざまな事業を対象としているので、数も数千種類にのぼります。
中小企業向けの募集要項の詳細は当WEBサイトの新着情報で、適宜更新していきますのでぜひこまめにチェックしてください。

補助金・助成金の豆知識

補助金とは?

補助金とは、国や地方公共団体、または民間団体から支出される支援金で、原則返済不要です。

補助金は経済産業省(中小企業向けの補助金は中小企業庁)で予算を確保し、募集を募る関係上、採択数(申請して申請が通る数)があらかじめ決まっています。申請しても必ず受給できるわけではないのです。

補助金の募集は、都度中小企業庁から発表され、その多くの申請期間(公募期間)が一ヶ月程度です。

補助金のポイント

  • 経済産業省の管轄

  • 件数や金額が予め決まっているものが多く、2か月程度の公募期間を設けるのが一般的

  • 提出書類でその妥当性や必要性をアピールすることが必要

  • プレゼンや面接があり「十分な事前準備による具体性の確保」「質問されたことのみに的確に答えること」が必要

  • 助成金に比べ、支給金額が高い

  • 最初のハードルが高いが、2回目以降は比較的通りやすい

助成金とは?

助成金とは、国や地方公共団体、または民間団体から支出される支援金で、原則返済不要です。
助成金は、国や地方公共団体、または民間団体から支出され、原則返済不要ということです。
助成金は厚生労働省が予算を確保しており、要件(雇用の安定を目指す)等が合えば受給できる可能性が高いです。また、助成金は長期に渡りその申請期間が設けられています。

助成金のポイント

  • 厚生労働省の管轄で雇用の安定に寄与するもの等が多い

  • 要件を満たせば受給できる可能性が高い

  • 提出書類でその妥当性や必要性をアピールすることが必要

  • 労働保険料の滞納企業に対しては支給されない

  • ハローワーク等経由の採用者が対象で、採用後雇用保険被保険者となる者

  • 採用関連の助成金には特定受給資格者となる離職者数要件が有る場合が多い

助成金に関するお役立ちサイトのご紹介

さまざまな機関から補助金・助成金の情報が出されていますが、ここでは主要なサイトをご紹介します。県や市も出している場合があるので、該当の県や市のWEBサイトをご確認されることをお勧めします。

公募の発表がされるのが一般的に2カ月前ほどで、書類の準備等が大変になる場合があります。年度予算を元に大まかな公募の時期はつかめるので、狙っている制度については前回の公募書類で準備を進めていきましょう。ご不明な点等はお気軽に会社設立サポートデスクにお問い合わせください。