会社を設立するための費用はいくら必要ですか?

会社を設立する際に必要とする費用は大きく分けて「法定費用」と「手数料」に分かれます。
また、株式会社と合同会社では費用に差異があります。

「法定費用」はだれが手続きをしても掛かる費用、「手数料」は外部に委託して設立の手続きを行う際に掛かる費用です。

会社設立の法定費用

「法定費用」の内訳は定款を認証するために公証役場へ支払う費用と登記申請を行うために法務局へ支払う費用があります。

公証役場へ支払う費用としては、

 ①定款認証費用…50,000円
 ②印紙税…40,000円
 ③その他…2,000円程度

合計92,000円ほど必要となります。

ただし、横浜の会社設立サポートデスクでは電磁的記録の認証(電子認証)にて手続きを行いますので印紙税40,000円が不要です。
また、定款の認証が必要になる法人は株式会社で合同会社の場合は不要です。

法務局へは登録免許税として、株式会社で150,000円、合同会社で60,000円が必要ですが、会社設立サポートデスクではオンライン申請を利用しているので、株式会社の登録免許税は147,000円、合同会社の登録免許税は57,000円となります。(平成24年4月1日現在)

会社設立の手数料

「手数料」に関しては委託先により大きく異なり、0円~数10万円とかなり大きな幅がありますので注意が必要です。
横浜の会社設立サポートデスクでは司法書士報酬として3,000円だけいただいています。
費用に関してはコチラをご参照ください。

関連サービス 会社設立代行業務
会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ