最短何日で会社を作れますか?

最短で1日で設立は可能です。

但し、会社設立の流れの

相談 → 申込 → 定款作成 → 定款内容確認 → 定款押印 → 定款認証 → 認証済定款の差替え(公証役場) → 出資金の払込手続き → その他登記書類作成・押印 → 原本還付書類の作成 → 法務局にて登記申請

を1日で完了させる訳ですから、相当バタつきますし、依頼者にも動いて頂く必要があります。

最短(1日)設立ができる条件

以下のものをあらかじめご用意頂く必要があります。

①会社印(代表取締役印)・・・個人の印鑑を代用することも可能
②出資者の実印及び印鑑証明書
③役員就任者の実印及び印鑑証明書
④設立費用
⑤出資金
⑥出資金を払い込む口座(発起人代表者名義)
⑦出資者全員の身分証明書(運転免許証等)

最短(1日)設立ができない場合

以下の場合は、1日では手続きが出来ない場合があります。

・定款の認証が必要な場合
・来所時間が11:00以後
・出資金の額がATMで扱えない額
・現物出資がある

関連サービス 会社設立代行業務
会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ