法人の商号は自由に決められると聞きましたが本当ですか?

おおむね事実です。
但し、注意すべき点はあります。

同一所在地の同一商号は(事業目的が異なっていても)登記出来ませんので、特に雑居ビルのテナントを賃借する人は注意が必要です。
同時に、会社名をブランド要素の強い企業に類似した社名は「不当競争防止法等に基づく商号使用差し止め」や「商標権侵害」に該当する可能性があるので注意が必要です。

後々のトラブルを避けるため、地域の電話帳やインターネットで確認しておいた方が良いですね。
会社のロゴを作成する場合も十分注意が必要です。

商号の中で使用可能な文字は以下のとおりです。

・漢字
・ひらがな
・カタカナ
・ローマ字
・アラビア数字

ご不明な点はお気軽に横浜の会社設立サポートデスクにお問い合わせください。

関連サービス 会社設立代行業務
会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ