資本金は本当に1円でも良いですか?

資本金が1円でも会社は作れます。
かつては、株式会社の設立には資本金1,000万円以上、有限会社で資本金300万円以上無ければならないとありましたが、現行法では資本金1円でも会社の設立は可能です。

だからと言って、資本金1円で会社を設立した場合、後々後悔することが殆どです。
資本金1円と言うことは、会社の財産が1円しかないということですから、売上入金があるまでは一切の支払が出来ず、経営者等が貸し付けるか、金融機関から借り入れをしなければなりません。
しかしながら、資本金1円では金融機関から融資を受けることは非常に難しくなります。

また、会社の規模や体力を顕すバロメータであり、経営者のやる気度の参考にもなりますので、取引先の反応が著しく悪くなる傾向にあります。
社長が会社に資金を貸し付ける余裕があるならば、最初から資本金にすべきですね!
後々増資をする手段もありますが、手間と費用がかかりますので、やはり最初から必要な資本金で設立すべきです。

但し、以下に該当する場合は、1円とは言いませんが少額の資本金で設立することに差し障りないと思います。

①すでに取引先が決まっており、他に広げる予定が無い場合。
②仕入を必要としないシステム開発等を生業とする場合。

資本金は多ければ多いに越したことはありませんが、先立つものが無ければ出資出来ないのも事実です。
しかし、少額すぎると今後の経営に多大な影響が出ますので良く検証して設立の手続きを進めてください。

ご不明な点はお気軽に横浜の会社設立サポートデスクにお問い合わせください。

関連サービス 会社設立代行業務
会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ