資本金とは何ですか?

基本的には企業に対する出資者の金銭および現物による拠出額を意味します。

株式会社では、原則として株主の拠出額全額すなわち発行済株式の発行価額の総額が資本金(法定資本)とされます。
しかし、株式の発行価額の2分の1までの金額(ただし額面株式については券面額、設立に際して発行する無額面株式については5万円を超える部分であること)は、資本金とせず資本準備金とすることが認められます。

このように資本金となる額は株主の払込額の全額とは限らないため、会計上は資本金と資本準備金の合計額(払込資本)が重要です。
しかし、商法上資本金は登記され、物的会社たる株式会社において会社債権者に対し最低限の担保として維持されるべき金額を意味します。
したがって、商法は資本金の減少(減資)を厳しく制限します。

また、資本金は株式会社の規模の分類において区分基準として用いられます。

ご不明な点はお気軽に横浜の会社設立サポートデスクにお問い合わせください。

関連サービス 会社設立代行業務
会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ会社設立は横浜の会社設立サポートデスクへ